妊活 サプリ ランキング

赤ちゃんは授かり物。
性別がどちらでも子は宝だと言いますが、せっかくだから産み分けをしてみたいという方も少なくないですよね。
一昔前までは、産み分けはとても困難なものに思われていましたが、今は産み分けによって希望していた性別の赤ちゃんを妊娠する方が増えているようです。
実は私も、二人目の妊活中、上手く産み分けに成功した一人。
私の実体験を元に、性別の産み分けに効果的な方法をご紹介します。

 

1.気負い過ぎずにリラックスした気持ちで望む

 

まず、妊活するにあたって一番大切なのは、ストレスフリーな生活だと私は思っています。
いくら仕事や家庭生活に問題がなくても、赤ちゃんが欲しい、性別の産み分けを絶対に成功させたいとばかり考えていては、とても心が安らいでいる状態とは言えません。
赤ちゃんを望むなら、体だけでなく心も落ち着いた生活を心掛けましょう。
そうすることで、排卵周期も整いやすく、排卵日が非常に分かりやすくなるんです。

 

2.排卵日当日が男の子、2〜3日前が女の子。

 

排卵日当日の性行為では男の子、2〜3日前では女の子を妊娠しやすいと言われています。
これは、膣内がアルカリ性か酸性かによるものなんです。
最近では膣内の状態をコントロールするために、産み分けに効果的なゼリーも販売されています。
体内には安全なものとされていますが、もしゼリーを使うことに抵抗のある方は、以下の私の産み分け法を参考にして下さい。

 

3.排卵日付近はおりものを要チェック

 

排卵日をより正確に把握するため、私はおりものを欠かさずチェックしました。
おりものは、排卵日付近でないと確認することが出来ませんよね。
つまり、排卵日とは密接した関係にあるということなんです。
目安としては、白色透明のプルプルしたおりものが、よく延びるときが排卵日の少し前。
よって女の子を妊娠しやすいとされる時期です。
そして透き通るような透明になった瞬間、またはハッキリとした白に替わった時が排卵日のため男の子を妊娠しやすいとされる時期だと把握して、産み分けを成功させました。

 

まとめ

 

おりものは、女性にとって不快なものに捉えられてしまう傾向にありますが、排卵日を知るとても効果的な手段です。
妊活で産み分けに挑戦しようと思っている方、是非自分のおりものを参考にしてみてはいかがでしょうか。