地方 田舎 婚活サイト

MENU

地方・田舎だと婚活サイトの利用はおすすめできない?

 

婚活をしている人の中には田舎や地方に住んでいるから婚活が上手くいかないと思っている人もいるのではないでしょうか?

 

これに対する答えとしては田舎・地方は都会に比べたら不利です。

 

婚活を成功させるには出会いの数が非常に重要になります。

 

出会いの数が少ない田舎や地方では、婚活サイトの利用者が東京や大阪などの都会と比べると圧倒的に少ないので、出会いを増やすためには「条件を広げる」ことが必要になってきます。

 

婚活サイトは友人からの紹介や合コン、自然な出会いと違い、最初に年齢や顔、年収などの条件で絞ることで、より自分の理想の相手に近い男性出会うことを目的としています。

 

しかし、田舎だとその条件に見合う男性が少ないのも事実です。

 

たとえば、年収。

 

東京で年収400万円以上の独身男性は23%ですが、青森県に住む独身男性で年収400万円以上は2.6%です。東京と比べると10倍の差があるんです。

 

この事実を知らずに青森で婚活している女性で「年収1000万なんて贅沢言わないから、男性の平均年収の456万あればいい」なんて言っていたらヤバいです。

 

あなたの中では妥協したつもりである条件が実はかなり高いってことに気付かずに婚活していることになります。

 

100人の男性の中からわずか2.6人に出会い、両想いになれる可能性に賭けているわけです。

 

田舎や地方で婚活するなら条件を広げること

上記を見ていただいたら分かる通り、田舎や地方で婚活をするなら、都会とは前提条件が違うということを意識するべきです。

 

田舎や地方で婚活を成功させるのに方法としては

 

・条件を広げる
・婚活サービスを利用しつくす
・近くの大都市に出てみる

 

です。

 

この中でも「条件を広げる」というのが一番効果的だと考えられます。

 

年収400万が条件だったなら年収250万円まで広げて、共働きをして年収450万を目指してみるだけで選択肢は大きく広がります。

 

これは年収に限らず、顔や性格とかもあなた自身の許容範囲を広げることで、いくらでも条件に合う男性が見つかるはずです。

 

・・・とはいっても、条件を広げ過ぎたら結婚する気が起きなくなりますよね。

 

だから、次に必要なのはあなたの行動範囲を広げることです。

 

地方には自治体が行っている婚活パーティーや街コンがありますよね?そちらに参加してみるとか、婚活サイトも自分の住んでいる県だけでなく、近隣の県やちょっと遠出をして近くの大都市の婚活にも参加してみることです。

 

婚活サイトがおすすめできないわけではありませんが、同じ県で利用者が少ないなら違う県の男性をチェックしたり、婚活サイト以外の婚活サービスの利用も検討した方がいいと思いますよ。